名古屋でインプラント・矯正歯科をお考えなら天白区のコンドウ歯科へ    ご予約・ご相談は TEL 052-801-8148

糖尿病 喫煙 天白区 | 名古屋市コンドウ歯科

歯周病と糖尿病について

歯周病と全身の関係が最近注目されています。
糖尿病では歯周病にかかりやすく、また、歯周病の状態が悪いと血糖コントロールに悪影響を与えることが明らかにされつつあります。生活習慣病には是非気をつけたいものです。
歯周病原菌の由来のリポポリサッカライドがマクロファージに貪食された時にサイトカインの一種であるTNF–αが産生され、これがインスリンの活性を障害し、血糖値のコントロールを悪くすると言われています。糖尿病と歯周病が合併し、歯周病が重度な場合に糖尿病の予後が悪くなるという報告や、歯周病を治療すると糖尿病が改善されたという報告があります。
口の中を診て歯肉の腫れや出血、口臭が気になる場合には、ご相談ください。
また、歯周病と心疾患、動脈硬化、骨粗鬆症、低体重児出産・早産なども関係が指摘されています。

歯周病と喫煙について

喫煙者は歯周病にかかりやすい

健康の大敵である喫煙は、歯周病にとっても重大な危険因子です。たばこに含まれる有害物質が、歯周病に対する抵抗力を弱くし、さらに歯ぐきの血流を悪くするため、歯周病が進行します。
たばこは、肺がんだけでなく、歯周病にも有害です。
禁煙対策は、歯周病にとっても大切です。

インプラントにとってもタバコは大敵、禁煙を

インプラント治療、特に人工歯根を埋入する時、骨移植などの骨造成処置を受けた時も禁煙を心がけて下さい。

お問い合わせ、ご予約は TEL 052-801-8148 

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional