名古屋でインプラント・矯正歯科をお考えなら天白区のコンドウ歯科へ    ご予約・ご相談は TEL 052-801-8148

インビザライン(マウスピース矯正) | コンドウ歯科 名古屋

インビザラインとは

名古屋市天白区(緑区隣接)コンドウ歯科では、「痛くない・見えない・むし歯にならない」歯列矯正として、インビザラインをお勧めしています。
インビザラインは透明な矯正装置

  • インビザラインは、薄い透明なプラスチックで出来ている矯正装置なので、目立たず装着していてもほとんどわかりません。
  • 矯正歯科治療中であっても口元を気にせず、笑顔を見せることができます。
  • 相手に伝えない限り、おそらくは誰も治療を受けていることに気づきません。
  • 自分で取り外しが可能なため、ブラッシングがやり易く、他の矯正装置と比べて歯にプラークが着きにくいのが特徴です。
  • ワイヤーを使用しないため、口の中を快適・清潔に保つことができます。
  • マルチブラケットなどのワイヤーを使った固定式の矯正装置にわずらわしさを感じる方にお勧めします。
  • インビザラインとは、不正咬合を治療するため、患者ひとりひとりのために、治療計画に基づいてカスタムオーダーで製造される矯正装置(アライナーと呼ばれるマウスピースで矯正治療します)です。
  • これまでに全世界で250万名を超える方がインビザライン治療を受けています。(2013年12月現在)
  • 「クリンチェック」と呼ばれる3次元の治療計画ソフトウェアを通じて、治療完了に至るまでの総合的な治療計画の立案・検討を行います。

インビザラインの特徴

アライナー
  1. 取り外しができて衛生的である。
    取り外しが可能なので、歯磨きやフロスも普段どおり行えます。従来型のワイヤー矯正装置のように装置と歯の間に食べかすやプラークがたまりにくいので、矯正中は歯や歯周組織を健康に保てます。
  2. 普段通りの食事が出来る。
    食事の時は装置を外すことが可能です。従来の矯正装置のような食事のたびに食べ物が装置にからみつくわずらわしさがありません。矯正を始める前と同じように、自由に食事が出来ます。
  3. 目立たず、透明に近いので、審美的に良好である。
    アライナーは薄くて透明なので、歯につけていても目立ちません。口元の見た目は装着しているのがほとんどわかりません。
  4. しゃべりやすい。
    薄くなめらかな装置なので裏側矯正装置のような厚みや凹凸がないためしゃべりづらさや発音障害がありません。接客業務などの仕事をされている方にも気軽に矯正を始めることができます。
  5. 痛みが少ない。
    ブラケットやワイヤーを使用しないため装置が粘膜や舌にあたる痛み、それによる口内炎を生じることはほとんどありません。新しいインビザラインに交換した直後はしめつけられるような感覚(痛みと違和感の間くらいの感覚)がありますが、数分から数時間で消失します。
  6. 金属アレルギーがない
    金属製のワイヤーやブラケットを使用しないため、治療期間中に装置が脱落するなどの緊急性を要することがありません。また、金属アレルギーの心配もありません。

治療の手順

  1. カウンセリング
    インビザラインを始めるにあたって最初に行う事は、矯正相談です。歯並びや歯列の具合、お口に関するご相談をします。
  2. 矯正検査、プランの作成
    治療内容、期間、料金などの説明の後、いよいよ矯正治療を始めます。一連の矯正検査、歯型、写真などの資料をそろえ、プラン作成をします。
  3. 歯型、写真などを基にコンピュータ上で3Dシュミレーション(下図)をします。
    コンピータによる3Dのクリンチェック
  4. アライナー作成
    アライナーとは、透明なマウスピース型矯正装置のことです。
    治療計画の策定後、治療計画を忠実に具現化するため、CAD/CAM(光造形)技術を通じ、「アライナー」を作成します。
  5. インビザラインによる治療開始
    インビザラインの装置、すなわちアライナーが出来るまで約2~6週間かかります。
    段階的にアライナーを連続して使用することで、歯の移動を行います。
    治療目標が達成されるまで、通常は2週間毎に新しいアライナーに交換しながら、一日20~22時間以上装着し、歯を徐々に移動させます。
    一つのアライナーで歯を0.25mmまで移動できます。

インビザラインのメリット

  1. 透明感があり、装着していても目立ちません。審美的に優れています。
  2. 食事中は矯正器具(アライナー)を外して、自由に食べることが出来ます。
  3. 歯磨きも装置が外せるので、治療中口腔および歯周組織の健康が、よりよく維持されます。
  4. コンピュータ上の3Dアニメーション動画で、歯の移動や治療計画を視覚的に確認出来ます。
  5. インビザラインはプラスティック製のため、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。重篤な金属アレルギーの方でも安心して歯列矯正が可能です。

インビザラインのデメリット

  1. 症状によりアライナー単独では治療出来ない場合があります。その場合はインビザライン治療の前後に従来型のマルチブラケットなどの矯正装置が必要になになります。
  2. 装着時間をしっかり守らなければ歯が動きません。インビザラインの矯正器具は取り外し可能ですが、1日当たり少なくとも20~22時間以上は装着していなければなりません。装着時間が医師の指示よりも下回ると歯がきちんと移動せず、結果として治療期間が当初の予定よりも長くなってしまいます。

通院間隔

4週に一度、来院していただき、移動状態のチェックを行い、アライナーの適合などの確認を行います。
CAD/CAM(光造形)技術により作成される装置(アライナー)を、治療目標の達成まで2週間毎に新しいアライナーに交換しながら、歯を徐々に移動させていきます。

適応症

  • 歯を抜かなくてもよいケースに向いています。
  • 歯を抜くケースでも最終段階または、最初の段階で固定式の装置を使用する事で治療が可能になります。
  • 装置を1日20時間以上はめることが出来る方。

非適応症

  • 歯のデコボコが強い抜歯症例では、移動距離が大きかったり歯根の方向を変える必要があります。このような大きい動きは苦手です。
  • 乳歯が抜けたり、歯が萌出途中だったりする時期には使用が出来ません。
    インビザライン・ティーンでは、このようなケースでも治療可能となりました。
  • 骨格的にズレのあるケースでは、改善が難しいと思われます。

補助装置とアタッチメント

  • インビザライン治療時に、補助装置(ゴム、ボタンなど)を併用する事があります。
  • アタッチメントと呼ばれる白い突起(プラスチック)を付けて、歯の移動をスムーズにします。装着場所、位置、形、個数はケースによって異なります。

最新のインビザラインG4について

InvisalignG4 スマートフォース機能は、予測実現性の高い歯牙移動の達成に必要なフォースシステムを実現するためデザインさた、アタッチメントおよびアライナー機能です。

  • ルートコントロール用最適アタッチメント
    アライナーによる犬歯および上顎中切歯の歯根コントロールがより向上されています。
  • マルチプレーン最適機能
    アライナーによる上顎側切歯の予測実現性が高まります。
  • マルチトゥース挺出最適機能
    アライナーを用いる前歯部オープンバイト治療に、よりよい臨床結果をもたらします。

インビザラインG5機能

Invisalign G5 は、インビザラインの過蓋咬合治療の向上を目的として開発されました。
Invisalign G5 には包括的な機能が含まれ、インビザラインによる過蓋咬合治療の効率化と予測実現性を向上します。

  • 過蓋咬合用最適アタッチメント
    アンカレッジおよび小臼歯挺出のコントロールを向上します。
  • プレッシャーエリア
    前歯の圧下コントロールを向上します。
  • プレシジョン・バイトランプ
    治療の効率化を目的として、臼歯部を離開するようデザインされています。

インビザラインG6

インビザラインG6は、第一小臼歯抜歯向けの矯正に対応するものです。
重度の叢生や八重歯または上下顎前突症においては、抜歯ケースになることがあり、このような場合でもインビザライで治療可能となります。
最適な治療結果を得る為、

  1. 犬歯のリトラクション中の歯根の平行化を維持する。(SmartForce機能)
  2. 臼歯のアンカレッジを維持する。(アンカレッジ用最適アタッチメント)
  3. バーティカルコントロールを維持する。
    等の工夫がされています。

インビザライン・ティーン

  • インビザライン・ティーンは、10代前半の方や、乳歯が全て抜けていれば永久歯が崩出途中の時期にもご使用いただけるようになりました。
  • 従来の固定式の矯正装置のようにお口の中の粘膜、歯茎を刺激することがないため、スポーツや楽器演奏などの活動をされている10代の方にも適した治療法です。
  • 完全萌出していない歯牙の過剰萌出を防ぐための「萌出タブ」、永久歯列が未萌出または萌出途中にある歯牙に対しては「萌出スペース」を設定することが可能です。アライナーは自然萌出に対応するスペースを確保して作製されます。
  1. 第二大臼歯が萌出途中
  2. 犬歯および第二小臼歯が萌出途中
  3. 第一小臼歯および第一大臼歯が完全放出しており、咬合平面の設定が可能
    インビザライン・ティーンでは、このような場合でも適応できます。
  • 10代を対象とする治療オプション「インビザライン・ティーン」のアライナーに新しく、「コンプライアンス・インジケータ」機能が導入されました。
  • 「コンプライアンス・インジケータ」は、アライナーの大臼歯部分(左右2箇所)に設置される小さなディスクで、装着時間に応じて色が青から透明へと変化するよう設計されています。これにより、おおよそのアライナー装着時間を測定することができます。この設置により、これまで以上に装着時の治療に対する意欲の向上が期待されます。

ビベラ・リテーナー

  • ビベラ・リテーナーは、「保定装置」といって矯正治療で歯並びを動かした後に、歯並びを安定させて後戻りを防ぐために装着するものです。
  • アライナーと外観が類似していますが、ビベラ・リテーナーはより厚い素材で製造されており、歯の最終的な位置を安定、維持するのに役立ちます。
  • ポンティック、リンガルバーを設置した状態でリテーナーを入れることも可能です。
  • 半年後に安定していたら夜間のみの使用になり、2~3年以上の使用を推奨します。

アライナー新素材「SmartTrack」

2013年2月に、インビザライン・システムに、アライナー新素材「SmartTrack」が導入されました。

  1. より持続的なフォース
    SmartTrackは、より持続的なフォースを2週間のアライナー装着期間を通じて発揮し、トラッキングを向上します。
  2. 高い弾性
    アライナーが伸縮する際、高い弾性を持つSmartTrackは、元の形状により近い状態に戻るため、トラッキングが向上します。
  3. より正確にフィット
    SmartTrackの柔軟な素材は、より正確に歯牙の形態、アタッチメントおよび歯間空隙に密着するため、歯牙移動およびフィニッシングが向上します。
  4. アライナーの着脱が容易になる。
    SmartTrackは、従来のものと比較してより柔軟な素材です。着脱が楽にできます。

IPR(歯間削合)とは

隣接歯間においてエナメル質を僅かに削減することです。
インビザライン・システムでは、叢生症例の改善におけるスペース確保などで行われます。
知覚過敏を起こさないように支障のない範囲で行われます。
通常、0.25mm以内ですが、修復物のある部位ではもっとスペースを得るのが可能な場合もあります。

プレシジョンカットとは

プレシジョンカットとは、2級(上顎前突、出っ歯)、3級(反対咬合、受け口)の治療に用いるアライナーに施したカット部分のことです。
顎間ゴムを直接アライナーに掛けるフック、および歯面に顎間ゴム用ボタンを設置する場合のためのカットを、あらかじめアライナーに形成します。

インビザライン i7

  • MTM等軽度の不正咬合や後戻りの治療で、A-P(前後的関係)の改善を必要としない第一小臼歯間に限定される症例に用います。
  • 軽度の叢生、空隙または後戻りなどに利用できます。
  • 治療期間は最大7ステージ(3.5ヶ月)です。

オープンバイト治療用アタッチメント

  • インビザライン・システムは軽度から中程度オープンバイト治療に適応可能となりました。
  • 「マルチトゥース挺出最適アタッチメント」は、前歯部オープンバイト改善するようにデザインされています。そのアタッチメントが上顎切歯を1つのユニットとして、臼歯部をアンカレッジに使用しながら挺出を行います。ただし、臼歯部には圧下力が加わります。
  • 上顎切歯4本のためのアライナーアクティベーションは、それぞれの歯牙に最適な挺出フォースが与えられるよう歯牙毎に個別に調整されています。
    • 適用対象:上顎切歯
    • 適応症例:上顎4切歯すべてを挺出するオープンバイト

リトラクション用最適アタッチメント

小臼歯のためのリトラクション用最適アタッチメントは、エラスティックを使用する場合また使用しない場合も、犬歯のリトラクションを行う際に効果的に歯体移動するようデザインされています。

バイトランプ

バイトランプとは、臼歯部を離開するようデザインされた上顎のアライナーの舌側面に形成される突起物です。
実際にコンポジットレジンは充填しません。
これにより、前歯部にコンタクトが出来ることで望ましくない臼歯部の咬合力を除去します。
過蓋咬合改善やアライナーのフィットを増すために用います。

天白区のコンドウ歯科は、緑区(名古屋市)に隣接しております。
歯列矯正、インビザラインを名古屋で相談、ご来院の際は、アクセスをご覧ください。

お問い合わせ、ご予約

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional