名古屋でインプラント・矯正歯科をお考えなら天白区のコンドウ歯科へ    ご予約・ご相談は TEL 052-801-8148

名古屋インプラント歯科Blog | 最新の歯周病治療 矯正歯科/2022-09-02

歯とアゴのギャップ

矯正治療を行う際、骨格的なアゴの位置関係と、歯の並んでいる歯列の位置関係が問題となることがあります。
分かりやすく言うと、アゴの位置と歯の位置がズレていることがあります。

歯とアゴのギャップとは

  • 例えば、骨格に対するアゴの位置関係は下アゴが出ているにもかかわらず、奥歯の咬み合わせはしっかり良い位置に咬んでいるとします。
  • そのアゴの位置での歯の関係では、下の奥歯は奥へズレて下の前歯が舌側(裏側)に傾斜、上の前歯は唇側(表側に)傾斜してしまいます。
  • 何気なく歯並びだけ見ていると前歯の問題のように思えますが、そのベースとなるアゴの位置関係はチェックする必要があります。

矯正治療の際の注意点

  • 骨格的な上下の位置関係は、ベースとなるものです。
  • 歯だけ矯正治療しようとしても、アゴの中心から逸脱するため、根元が長くなる、歯の間に隙間が出るなどの原因となります。
  • 歯列とアゴのズレが軽度であれば、ある程度歯並びを整えることが出来ます。
  • しかし、このギャップが著明であれば、歯だけ矯正治療するのは困難となります。
  • 外科矯正などを考えます。



コメント


認証コード(4867)

powered by HAIK 7.3.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional