名古屋でインプラント・矯正歯科をお考えなら天白区のコンドウ歯科へ    ご予約・ご相談は TEL 052-801-8148

名古屋インプラント歯科Blog | 最新の歯周病治療 矯正歯科/2022-09-23

歯のデコボコ抜歯せずに治ると良いが

歯のデコボコがひどいと、抜歯して矯正治療するように勧められることが多くなります。

抜歯矯正

  • 歯の幅とアゴの歯列の並ぶスペースの差が大きく、歯の幅が過剰な場合、デコボコな歯並びとなります。
  • 歯列の拡大、前後への歯の移動、IPR(歯を薄くする)などでは、その差が解消されない場合、抜歯ケース、外科矯正などの選択となります。
  • もし、抜歯をしなければ歯が前方に飛び出して、不安定な仕上がりになります。

ボーダーラインは

  • 人により後方への移動するアゴのスペース、拡大できる範囲が異なります。
  • 差が6mm以上あると抜歯ケースを考える場合が多いのですが、様々に要素も考慮に入れる必要があります。
  • よく相談の上に治療に取り掛かりましょう。



コメント


認証コード(9967)

powered by HAIK 7.3.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional