名古屋でインプラント・矯正歯科をお考えなら天白区のコンドウ歯科へ    ご予約・ご相談は TEL 052-801-8148

インプラント手術 | 名古屋市天白区歯科 | インプラント治療名古屋

インプラント手術の方法

インプラント手術には、2通りの方法があります。
外科手術を1回行う1回法と、2回行う2回法です。

1回法

インプラントの埋め込みと歯冠(歯の頭の部分)の土台までを、1回の手術で終える方法です。
・埋込時に歯肉を貫通し、頭出しをしておきます。
・歯肉が治ってから、上部構造を取付けます。
外科手術は1回ですみますが、インプラント体が骨に確実に固定されるまでに、細菌感染や力がかかってしまう危険性があります。
アゴの条件が良い場合には、フラップレスオペというテクニックで埋入して、ヒーリングアバットメントという接続部品を歯肉により上に出す方法もあります。

2回法

インプラントの埋め込みで1回、歯冠(歯の頭の部分)の土台でもう1回の、計2回の手術で終える方法です。
インプラント体を歯肉で完全に閉鎖します。
・骨に固定されるまで期間を待ってから、頭を出して仮の歯を取付けます。
・歯肉が治ってから、最終的な上部構造(かぶせもの)を取付けます。
コンドウ歯科でよく行う方法です。

インプラント治療の1回法と2回法のメリットデメリット

1回法の場合は、1回の手術で治療することができますが、
骨の高さや厚さが不足している場合などの骨造成が必要な場合は感染のリスクが高く、おすすめできません。

インプラント治療を受けられる方々は歯を喪失してしまっているわけですが、その原因は主に感染によるものです。
つまり、歯周病、虫歯、根尖病巣、また歯根が折れた場合などです。
そのような原因で歯を失ってしまうと、当然歯周組織も失っており、理想的な位置にインプラントを埋めるためには、多くの場合このような骨造成が必要になります。

1回法と2回法については、現在やはり多くの場合は、2回法となることが多いです。
当然インプラントシステムも1回法のものだけ/2回法のものだけのシステムより、1回法、2回法のどちらにも対応できるインプラントシステムの方がよいと思われます。

抜歯即時インプラント

抜歯をして、周囲の炎症が少なく、周りの骨の状態が比較的良いケースで行われます。このようなケースは、非常に少なく、確実性を考えれば抜歯後、治癒を待ってからインプラントを埋入します。

フラップレス手術

メスで歯肉を切開せず、歯肉の剥離もなく、縫合もせずに、インプラントを埋める手術の事です。
インプラント周囲の骨や歯肉が十分ある時に行われます。
フラップレステクニックは、メスを使わずほんの小さな穴をパンチで開けて手術を行います。歯肉のダメージを最小限に抑えることが出来ます。切ったり縫ったりしないため手術時間も大変短く術後の腫れや痛みも非常に少ないのです。

お問い合わせ、ご予約は 名古屋市天白区(緑区に隣接) コンドウ歯科
            TEL 052-801-8148

お問い合わせ、ご予約

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional