名古屋でインプラント・矯正歯科をお考えなら天白区のコンドウ歯科へ    ご予約・ご相談は TEL 052-801-8148

インプラントと他の治療法との違い | 名古屋市天白区のコンドウ歯科

インプラント、義歯、ブリッジ

歯が欠損した場合の治療方法は、インプラント、義歯(入れ歯)、ブリッジの3種類が考えられます。

インプラントと他の治療法との違い

それぞれの治療法の特徴をよく理解し、ご自身の症状とご希望にもっとも合う最適な治療を受けてください。
これらの治療法の組み合わせもできます。
例えば、マグネット付きインプラント+入れ歯などです。

インプラント

違和感がなく、食事もご自分の歯と同じように楽しむことができます。見た目もきれいになります。しかし、保険が適用にならないため他の治療よりかなり費用がかかります。また、完成するまでに期間がかかります。

  • 良い点
    • 顎にしっかり固定されているので、違和感なく噛むことができる。
    • 審美性にも優れ、義歯のようなバネがない。
    • 隣の歯を削ったり、隣の歯に引っかけたりしないため、隣の歯に負担がかからない。
    • 他の治療法に比べて顎の骨がやせていく事が少ない。
    • お手入れをしっかりすることで、かなり長持ちする。
    • 虫歯にはなりません。
  • 悪い点
    • 保険適用ではないので、費用がかかる。
    • インプラントを顎に埋め込むための、手術が必要である。
    • 治療回数、治癒待ち期間、治療期間がかかる。

ブリッジ

欠損の両側の歯を削って土台とし、そこに橋をかけてつなぎます。基本的に両側に歯が必要となります。従って、多数歯欠損しているケースではこの方法は使えません。噛みごこちは、良好です。
しかし、欠損に隣接する歯を削らなければならない上に、支えになる歯には大きな負担がかかります。

  • 良い点
    • 固定式で取り外す必要がない。
    • 噛みごこちがよい。
    • 審美的に良く、自然な感じに仕上がる。
    • 治療期間が短くて済む。
  • 悪い点
    • ブリッジの土台となる歯を削る必要がある。
    • 土台の歯に噛む力が伝わり、欠損の部分力も負担する必要がある。つまり、噛む力の負担が土台の歯にかかる。
    • 欠損が多数の場合は、ブリッジが出来ない。

義歯(入れ歯)

違和感、異物感があり、食事の際にものが挟まったり噛みにくい等の問題や口臭が気になる方もいる。また、隣接する歯に負担があるため健康な歯にダメージを与える可能性がある。
歯を削ったり手術がないため、負担がかからない。

  • 良い点
    • 義歯の場合、ブリッジのように隣の歯を土台として削らなくてもよい。
    • インプラントのように手術がく負担もかからないので、病気で体力がない方にも出来る。
  • 悪い点
    • 違和感・異物感が強く、噛みごこちが悪い。
    • 噛む力が弱く、十分な咀嚼力が得られない。
      良好な入れ歯でも正常な歯で噛む時の1/3程度の力でしか噛めない。
    • バネがかかる歯には、負担がかかる。
    • 食事のたびにカスがつまり、清掃が大変である。

お問い合わせ、ご予約は 名古屋市天白区(緑区に隣接) コンドウ歯科
            TEL 052-801-8148 

お問い合わせ、ご予約

powered by HAIK 7.3.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional